デトックススープ 作り方

MENU

デトックススープの作り方と3つのアレンジレシピ

<デトックススープの基本レシピと作り方>
デトックススープのレシピはいくつかあるのですが、あまり料理をしない人でも簡単においしく手軽に作れる基本レシピと作り方を紹介します。

 

【デトックススープ7皿分の材料】
・キャベツ:半玉
・タマネギ:3個
・トマト:3個
・セロリ1本
・ピーマン1個
・ニンジン:1本
・スープの素:1個
・水:3リットル
・塩コショウ:少々

 

【作り方】
@野菜を水洗いして食べやすい大きさにカットしましょう。

 

A鍋にカットした野菜、水を入れて20分位煮込みます。

 

B野菜が柔らかくなってきたらスープの素を入れましょう。

 

C塩コショウで味付けをして完成です!

 

デトックススープの作り方はとても簡単なのです♪

 

デトックススープはおいしいのですが、ダイエットや置き換えで毎日食べていたりすると飽きてしまいますよね。

 

そのような場合はデトックススープをアレンジして食べましょう♪

 

 

<豆乳を使ったアレンジレシピ>
【豆乳デトックススープの材料(大きめの鍋1杯分)】
・キャベツ:半玉
・セロリ:2本
・ピーマン:1個
・タマネギ:1個
・豆乳:400cc
・きのこ(しめじ、しいたけでも何でもOK):1袋
・コンソメキューブ:2個
・生姜:ヒトカケ
・水:鍋半分位まで
・塩コショウ:少々

 

【作り方】
@野菜、きのこを食べやすい大きさにカットしましょう。

 

Aカットした野菜とすりおろした生姜を鍋に入れます。

 

B鍋の半分位まで水を入れて蓋をし、中火で煮ます。

 

C野菜ときのこが柔らかくなったら塩コショウで味を整えて完成です!

 

デトックススープの作り方も簡単ですが、豆乳デトックススープの作り方も簡単でおいしいですよ♪

 

生姜は体を温めてくれる効果があるので冷え症の人には嬉しいですね。

 

豆乳には生理痛を軽減させる、肌荒れを防止、脂肪が蓄積するのを抑えるといった効果があるのです!

 

 

<味噌を使ったアレンジレシピ>
【味噌デトックススープの材料(大きめの鍋1杯分)】
・基本の作り方で使う6種類の野菜
・味噌:大さじ3〜
・唐辛子:1本
・さば水煮缶:1缶
・豆板醤:お好みで
・水:鍋半分位まで

 

【作り方】
@6種類の野菜を食べやすい大きさにカットして鍋に入れ、水を鍋半分位まで入れて15分位煮込みましょう。

 

Aさば水煮缶と唐辛子を入れて一煮立ちさせて味噌を入れましょう。

 

Bお好みで豆板醤を入れて完成です!

 

味噌はアンチエイジング、ダイエット、ガンなどの病気予防などあらゆることに効果を発揮してくれますよ♪

 

 

<カレー粉を使ったアレンジレシピ>
【カレーデトックススープの材料(大きめの鍋1杯分)】
・キャベツ:半玉
・タマネギ:3個
・ニンジン:1本
・もやし:1袋
・カレー粉:大さじ1〜
・塩:小さじ1
・醤油:大さじ1
・水:鍋半分位まで

 

【作り方】
@野菜を食べやすい大きさにカットして、鍋に野菜ともやしを入れましょう。

 

A鍋半分位まで水を入れて、カレー粉と塩と醤油を入れましょう。

 

B全体を軽く混ぜてから蓋をして15分位煮込みます。

 

Cかき混ぜながら塩で味を整えて完成です!

 

カレー粉には体を温めて新陳代謝を高める作用があるのでダイエット効果がより期待できます!

 

 

<苦手な野菜は代用してもOK>
デトックススープに入れる野菜で嫌い、苦手なものがある場合は同じ栄養素の野菜で代用しましょう♪

 

キャベツはブロッコリーやアスパラガスで代用できます。

 

タマネギはらっきょうで代用できますが、スープに入れるとおいしくないのでスープとは別にらっきょうを食べましょう!

 

セロリが苦手な人は多いですが、パセリやしそで代用可能ですよ。

 

ピーマンはブロッコリー、カリフラワー、モロヘイヤがおすすめです。

 

ニンジンはバジル、パセリ、しそで代用可能です!

 

トマトは残念ですが代用できる野菜がありません。

 

トマトの味を隠せるようにスープの味付けを工夫するか、プチトマトをカットしないで鍋に入れればスープにトマトの味が出ないのでおすすめですよ。

 

>>美甘麗茶の効果的な飲み方【痩せない飲み方3パターン】